電子入札の新方式移行に伴う設定を行います

米国オラクル社の Java サポート終了に伴い、電子入札システムが Java を使用しない新方式に移行しています。 発注機関や認証局によってタイミングは異なりますが、9月末までには移行を完了する必要があるため、それまでに新方式での設定を行わなければいけません。

【参考URL】
(一財)日本建設情報総合センター(JACIC)
https://www.cals.jacic.or.jp/coreconso/inadvance/data/20191122_oshirase.html
福岡県 情報政策課
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/datsujava.html

認証局は「帝国データバンク」「日本電子認証」「NTTネオメイト」など各社の設定実績がございますのでお任せください。

 

なお、Windows7 はマイクロソフト社のサポートが終了したため、電子入札では使用できなくなっております。 Windows10 が搭載された新しいパソコンへお買い替え頂くか、もしくは現在ご利用中のパソコンを Windows10 へアップグレードする必要があります。 アップグレード作業、各種設定作業、データ移行作業なども是非ご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*