ランサムウェア「WannaCry」が世界中で蔓延

大きなニュースになっているので皆さんご存知だと思いますが、数日前よりランサムウェアの新種「WannaCry」の被害が世界中で広がっています。

ランサムウェアとは身代金要求型ウイルスのことで、感染するとパソコン内のファイルが暗号化されて使用できなくなり、ロックを解除することと引き換えに金銭を要求するというウイルスです。

ランサムウェアに限ったことではなく、ウイルス・スパイウェアなどの脅威全般に言えることですが、感染を防ぐため下記のようなことが重要です。
・不審なサイトやメールは開かない
・Windows Update を行い更新する
・ウイルス対策ソフトを最新の状態にする
※ Windows XP、Vista はマイクロソフト社のサポートが終了していますが、今回は例外的に対応しています。しかし、Windows Update では適用されないため手動での更新が必要です。お困りの際は弊社へご相談ください。

詳しくは IPA(情報処理推進機構)のページをご覧ください。
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170514-ransomware.html

とはいえ、ウイルスも日々進化しており、不審なメールの判別が難しくなっていたり感染経路の特定が困難になっていますので、万が一、感染した場合のことも考えなくてはいけません。

データを守る自動バックアップの設定などに関しても弊社にご相談ください。

さようなら、Vista。

以前より何度かご案内しておりましたが、Windows Vista (ウインドウズ ビスタ)の正式サポートが 2017年4月11日(日本時間 12日)に終了となりました。

昨日で終了したからといって今日使えなくなるというわけではありませんが、そのまま使い続けるとウイルス感染・データ流出などのリスクが高くなります。 また、ソフトウェアや周辺機器が徐々に対応しなくなるためトラブルも増えてきます。

Windows Vista をご利用中の方は早急なお買い替えを強くお勧め致します。 お買い替えに伴う各種設定、アプリのインストールやVista機からのデータ移行などなど弊社にお任せください。 量販店さんよりも安い作業料金でサポートさせて頂きます。
量販店やネット通販などどちらのお店で購入された商品でも承ります。

次のサポート終了は、2020年1月14日 『Windows 7 SP1』の予定です。 Windows 7 をご利用中の方は「2019年中には買い替えないといけないなぁ」とお考えください。

【注意喚起】バッテリーから発火の恐れ

 

富士通はノートパソコンのバッテリーが発火して火災に至る事故が発生しているとして昨年よりバッテリーの交換・回収を行っていますが、その後も事故が起きていること、また新たな機種でも同様の不具合が確認されたことを受けてお知らせを追加しました。 富士通のサイト等でもポップアップで案内しています。

富士通のパソコンをご利用中の方は下記のサイトをご確認ください。

http://azby.fmworld.net/support/info/battery2015/?fmwfrom=fmv_top