PCドクター

ie サポート終了に伴う電子入札の設定変更

前回お知らせした通り、間もなく Microsoft Internet Explorer 11 (ie) のサポートが終了します。
これですべてのバージョンの ie は終息することとなり、今後は後継の Microsoft Edge が Windows での標準ブラウザということになります。

それに伴い、これまで ie を利用することを前提に作成されていたネットバンキングなどのサイトも Edge 対応に切り替わっています。

福岡県の電子入札システムをご利用の企業様へは数日前に「【重要】福岡県電子調達システムの推奨ブラウザ変更について」というタイトルのメールが県の 企画・地域振興部 情報政策課 庁内デジタル化推進係 から届いていたと思います。

メール本文にあるように推奨ブラウザ変更に伴い対応が必要ですので、弊社対応エリア内でお困りの際は是非ご相談ください。

福岡県だけではなく、福岡市や各市町村、国交省などの省庁も対応可能です。
認証局も帝国データバンクや日本電子認証などすべて対応しております。

Internet Explorer が間もなくサポート終了

かつて長い間、Windowsの標準ブラウザだったMicrosoft社のInternet Explorerですが、ついに今年の6月16日(日本時間)にサポート終了を迎えます。

それ以降はInternet Explorerを起動しようとすると自動的に(勝手に)Windowsの新標準ブラウザであるMicrosoft Edgeが立ち上がります。
なお、Internet Explorerでないと正常に動作しないWebコンテンツはEdgeのIEモードを利用する形となります。
IEモードに切り替えるにはEdgeの「・・・」をクリックして表示されるメニューから「Internet Explorer モードで再読み込みする」を選択するだけです。(IEモードは2029年にサポート終了予定)

もちろん、お気に入りの移行などは可能です。弊社対応エリア内でお困りの方はご相談ください。