Windows 8.1 サポート終了まで1年弱

従来のデスクトップ画面に加えてタイル表示の画面を追加するなど、タブレット端末やスマートフォンの画面に近付けようとした結果「使いにくい!」ととても不評で、予定を早めて Windows 10 を発売する羽目になってしまったので結果的に短命に終わってしまった Windows 8 ですが、絶対数は少ないとは言え、使い慣れてしまった方はその後もそのまま使っていらっしゃるようです。

しかし、その Windows 8 もそろそろ終わりを迎えようとしてしています。更新をされていない場合の Windows 8 は既にサポートを終了しています。最新の状態に更新されている Windows 8.1 でも既に延長サポート期間に入っていて来年の1月10日にすべてのサポートが終わってしまいますので残り1年を切りました。

それまでに新しいパソコンに買い替えるか、もしくは Windows 10 にバージョンアップするかを決めて頂く必要があります。
弊社の対応エリア内でお困りの際は是非ご相談ください。